神奈川県のリフォーム・リノベーションのことなら、建築再生工房株式会社 タケウチにお任せ下さい!お客様のご予算に応じ、最良の提案をさせていただきます。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

最新施工事例・プラン

[空き家活用]

鎌倉常盤にゲストハウスオープン確認申請(用途変更)に3カ月を費やし施工2カ月保健所検査・消防検査 工...

[古民家から学ぶこと]

鎌倉長谷 むかしむかし醤油やだった歴史(母屋部分)大正末期からの歴史 今回リノベーションした建物は離...

ブログ

地鎮祭

投稿日: 2019年2月15日

本日、横浜の地で地鎮祭を執り行いました。

土地に感謝し、竣工まで無事故で目的達成できることを願ってます。

タケウチ仕様の木に拘った家づくりの物語がスタートです。

住み手の為に、タケウチ職人軍団が目標に向け気持ちを込めて造り上げます。

神奈川県産材の自然乾燥材を構造に使用し、内部は真壁・漆喰仕上げ

庭の植栽・樹木と一体となる設計。

五感を感じることのできる健康住宅。

素晴らしい物語を造っていきます。

 

空き家活用

投稿日: 2018年5月13日

空き家の増加は全国的にも今後社会問題となりうるコトとし建築のプロとし、社会貢献したいと考え考動しています。

そんな中、築34年の木造軸組み工法(和風建築)の空き家の活用として、ゲストハウス(旅館)に用途変更し活用する案件について紹介します。

この建物は木造2階建て 延べ床面積178.19㎡の確認済証のある状態のよい建物。

用途変更の確認申請業務(設計)から施工まで請け負い来月6/1に16人のゲストハウスとしてオープンをめざしています。

用途変更の確認申請は事前相談のもと、指導を受けながら通常の確認申請に必要な図面・積載荷重の検討・既存不適格調書・現況の調査書・要求された図面・書類をそろえ本審査となります。今回の場合は3カ月の日数を要しました。

手間はかかりますが大事な事。(所有者の価値の創造・使い手の安心安全・将来負の不動産にならないためにも・・・)

保健所・消防との協議をし、許認可も当然必要となります。(事前相談・同時作業)

今後増え続く空き問題には1)空き家抑制2)活用3)解体が不可欠と考え、1)空き家抑制には消費者に対する住教育が大切に感じます。2)活用に関しては現状建物のコンデションを把握するインスペクションが不可欠でなくてはいけないと考えてます。結果活用か解体かのジャッジをして安心安全に価値を創造し活用しなければまた将来負の不動産となり新たな問題を起こすと考えています。ですから未来を考え正しく活用されていくこと大切で微力ながら邁進していきます。

未来の子どもたちの為・地域活性の為に持続可能な循環型建築社会が当たり前になるように

家相を知る「幸せを呼び込む住まいとは」

投稿日: 2018年2月15日

本日 鎌倉商工会議所地下ホールで鎌倉商工会議所 建設部会主催のセミナーに参加

普段から意識をしていた家相について新たな認識をえられた有意義なセミナーでした。

講師は運命学研究家の「宮沢 みち」 ありがとうございました。

住み手の為の家づくり。家相学意識していましたが今後、大いに参考にしたいと考えてます。

幸せな家づくり・住み継けれる家である為にも。・・・

*家の中心から考えて八方位にそれぞれの意味があり、それを活かせると運気はどんどん良くなる。

*破産する人の家は玄関に問題あり

*土地の悪いところにはいい家相の家は建たない。だから土地の選定は重要。

*寝る環境が整っているということ。

*家相と運は関係している。

家は自分自身をあらわし4年で家の影響を受けるそうです。

エネルギーが得れる幸せを呼び込む住まいを一緒に造りましょう。

2018年新年を迎え

投稿日: 2018年1月3日

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、無病息災で過ごせたことに感謝。

地域奉仕活動等もさせていただき、多くの方と出会い多くの経験・勉強をした年でしたが、仕事面では成果が出なかった年でした。

今年は戌年・・・・何がが始まる・スタートの年といわれてます。

昨年の経験を肥やしに、建築を通して地域活性・未来の子どもたちの為に持続可能な循環型建築社会が本音で当たり前になるよう、さらなる努力をしていきますのでよろしくお願いします。

住み手の為に、地域にあった心豊かに住める家づくりに邁進します。

昨年11月に竣工した一期一会の出会いから始まった歴史を蘇らせる住宅兼カフェ

築83年の古民家 

戦後醤油屋だった母屋の歴史を子どもを育てた離れで人が集う場所になり,むかしむかしの話を語り継ぐ想いで再生したいという施主さんとの出会いで実現しました。

私の建築に対する考えそのものです。

今年も一期一会の出会いから多くの物語を作っていきたいです。

建築再生工房株式会社タケウチは全国古民家再生協会神奈川第一支部の事業者会員です。

在来工法も・伝統工法も適材適所で多くかかわれる年のなりますように。・・

よろしくお願いします。

houzz ハウズ・ジャパンで全国古民家再生協会神奈川のサイトを今年は開設しますのでチーム神奈川の活動も参考ください。

 

木造住宅の拘り

投稿日: 2017年6月11日

木造住宅は使用する木にこだわってこそ木造住宅だと考えます。

五感を感じることのできる住まい

住育の大切さを多くの方に知っていただきたい。

そして、豊かな住生活を実現していただきたいと常に思っています。

建物と庭との融合した木造住宅が鎌倉二階堂で歴史を刻みます。

新民家上棟

投稿日: 2017年1月12日

日よりも良い本日、晴天の中、鎌倉二階堂で新民家が上棟しました。

神奈川県産材の自然乾燥材の木材を使っています。内装も漆喰・無垢材がメインで新建材は極力使用しません。

50年後も立派な古民家となり、歴史・技術を引き継げる建物を目指します。。

木造軸組み工法は使用木材に拘ってこそ、木造住宅だと考えています。

4月の竣工に向けタケウチ職人軍団が住み手の為に心をこめて無事故で造り上げていきます。

新民家進捗中

投稿日: 2016年11月21日

木造軸組み工法の家づくり。

長寿命化・住み継ける家づくり

神奈川県産材・自然乾燥材・木材には拘りをもって施工中です。

住まいの正しいコト・・多くの方に理解してもらう事を期待し、住み手の為の家づくり進行中です。

地鎮祭

投稿日: 2016年9月11日

本日心配していた天候も雨も降らない中で無事地鎮祭を執り行う事ができました。

住み手の為に地域の景観を考慮し、家造りの物語の始まりです。

心をこめプロとし、それぞれの仕事に自信と誇りをもっているタケウチ職人軍団と目標達成頑張ります。

一期一会の家づくり

投稿日: 2016年9月10日

一期一会の家づくり

築45年の建物。耐震リノベーションも考えましたが建て替えとなり、先人に感謝の気持ちを込め、気抜き後解体しました。

無事解体工事も終わり明日、地鎮祭です。

住まい手の為、地域環境に合う、家づくりが始まります。

今後の進捗状況お楽しみください。

 

年末年始の報告

投稿日: 2015年12月29日

本年もありがとうございました。

本日をもって年内の仕事は終了です。

たくさんの方に出会いが出来て感謝です。

未来の子ども達の為に・地域活性の為に来年も持続可能な建築社会が当たり前になる様、住まいの本当のコト・古民家の本当のコトを伝え、先人の教え・知恵・日本文化を建物を通し伝えていこうと考えています。

来年も一期一会の出会いを大切に頑張りますので宜しくお願いします。

平成28年1月4日:恒例の川崎大師に安全祈願:1/5日から本格開始です。

1 2 3 4

携帯からも簡単アクセス!

弊社の施工事例やイベント情報などの情報が満載です。QRコードから、今すぐアクセス!
携帯にURLを送る  スマートフォンにURLを送る

建築再生工房株式会社 タケウチ  神奈川県鎌倉市腰越3-14-5 TEL:0467-32-7038 FAX:0467-32-7019

Copyright (c) 2019 建築再生工房株式会社 タケウチ